HOME | 動画制作を依頼する前に

映像制作を依頼する前に準備しておくべきこと

コイズミデザイン映像事業部 準備

映像制作を成功させるためには、依頼前に準備を整えておくことが大切です。多岐にわたる準備の内容を押さえ、映像制作を依頼する前に準備しておくべきことについて解説します。

映像制作の目的・予算・納期を決める

映像制作の目的と予算、そして納期は必ず決めておかなくてはならないポイントです。認知拡大や集客など、目的によって映像制作の方向性は大きく変わります。例えば、集客が目的なら商品やサービスの内容をしっかりと理解してもらうことが重要です。
一方、認知拡大を目指すのであれば、会社や商品の名前を強調する戦略が効果的です。また、予算も動画の質や内容を左右する要因となります。予算に比べて求めるものが大きすぎれば制作費が予算を上回る場合もあるため、事前によく検討しておきましょう。

また、映像制作の担当者(窓口)を1人決めると進行がスムーズです。
制作に関しての依頼範囲(構成~編集までなのか、撮影、編集までか、編集のみか等)もできる限り明確にしておきましょう。

参考映像を探す

制作してほしいイメージに近い参考映像があれば、話がスムーズに進みやすくなります。そのため、依頼する前にどのような映像を求めるのか、ユーチューブなどにイメージにあった映像がないか探してみましょう。
 

商品やサービスの資料を用意する

映像で紹介する商品やサービスの資料は、なるべく豊富に用意しておくのがポイントです。念のために提供した情報が、映像制作において思わぬ武器になる可能性もあります。会社案内や営業で使うプレゼンの資料など、映像制作に役立ちそうな情報は漏らさず提供するとよいでしょう

 

メインの配信媒体を決める

テレビやYoutube、SNSなど、映像の配信媒体は数多くあります。配信媒体によって、映像の内容や長さ、撮影機材などが変わってくるため、メインの媒体を前もって決めておくと話がまとまりやすいです。